« 原作本 | トップページ | ミナミの空から »

2007年5月26日 (土)

北の国から

Jr_tower070525

突然ですが、ただいま北海道に来ています。札幌シネマフロンティアで上映中の『新SOS大東京探検隊』を観にやってきました。

まあ、タネを明かせばお休みをもらってこの週末にこっちの実家へ帰ってきただけで、残念ながら高木監督たちをお連れしたというわけではありません。ただ、個人的な興味として「デジタルシネマ」を謳う本作の上映が、実際のところどの程度のレベルで提供できているのかを知りたくて、それを確かめに各地の映画館をお忍びでまわることにしてみたわけです。

デジタルシネマについては知らないことばかりで、正直驚きの連続です。とても勉強になっているのですが、現実問題としてまだまだインフラが整っているわけではありません。ですから、予想外のデメリットに遭遇することもあります。その一つが、各映画館のシステムの違いと言えます。原理的には映像マスターと同等のクオリティを提供できるのが、デジタルシネマの大きなメリットのはずですが、いざ準備してみると諸事情あって、そう簡単な話にはならない。つまり、それぞれの映画館ごとに機材やフォーマットがバラバラで、映写レベルに差異が生じています。フィルムならば経験則で、その差異の予測が立つのですが、今回はそれがわからない。興行である以上、ある一定のクオリティを確保するのは当然なわけで、そういう意味での不安はないのですが、実感をつかむために急遽現地へ飛ぶ決心をした次第。決して、全国行脚で食い倒れようというわけではありません(笑)。

札幌シネマフロンティアは、JR札幌駅に直結するJRタワー・ステラプレイスセンター7Fに位置するシネコンです。写真の中央にそびえるビルが同・ステラプレイスイースト。ここの展望台から一望する札幌の夜景は絶品で、驚くべきことにこのビルには温泉もあるんですよ。映画館はこの左側に見える建物の中にあります。上映時の感想はまたあらためて書くことにしますが、思ったよりは悪くなかったので、とりあえずホッとしました。(落ち着いて本編を見直すのが公開後初めてだったこともあり、エンディングで感極まって、泣きそうになってしまったことはヒミツです)。

というわけで、書きたいことはヤマほどあるんですが、これから新千歳空港から大阪国際空港(伊丹)経由で、大阪へ向かいます。

桑島(宣伝P)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210304/15208481

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国から: